エクセルが重い対策・・・条件付き書式を解除することで改善

Windowsの更新後からから、エクセルが急に重くなる。

・再度Windows更新
・エクセルのアップデート
等対応するが改善せず。

ただ、関数の再計算を無効にすると処理が早くなったが、非常に不便。

結果
条件付き書式を解除することで改善

  1. 「ホーム」ー「条件付き書式」をクリック
  2. 条件付き書式から「ルールのクリア」ー「選択したセルからルールをクリア」を選択

LINEの通信プラン 1GBで月額500円!!(安っ)

子供の携帯を検討していてなんとか低価格にできないかと考え、LINEのSIMカードを使うことにした。子供の目的が「外でLINE」ができることで、通話はできなくてもよいとのことなので当初格安のデータプランを探していましたがよくよくみるとLINEでも通信プランあるししかも

  • 1GBデータプランで500円
  • LINEサービスは1GBを超えても速度速度が落ちない
    ※その他LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSICが対象

とのことで、まさにかゆいところに手が届くプラン


通話プランも 1200円/月額 ということでこちもかなり割安です。

データ容量を使いきっても追加購入可能

データ+SMS+音声通話通話料金 20円/30秒
月額1,200円

そして、ドコモ系の携帯であったらシムロック解除など必要なくSIMいれるだで使えるのでこれまたありがたいです

ということで速攻申し込みいたしました。

 

sambaサービスを再起動する

  • 再起動
    • service smbd restart
      または
    • /etc/init.d/smb restart

その他

オプション 操作
start smbd、nmbd デーモンを起動。
stop smbd、nmbd デーモンを停止。
restart smbd、nmbd デーモンを再起動。
reload 設定ファイルを再読込み。
status smbd、nmbd デーモンの起動状況を確認。

 

談合

現時点において悪なんだろうけれども、それは資本主義が背景にあるから。

でも各社が切り詰めて、結果発注者が安く受注できたとしても、その安さが仕事の質の悪さを招いたらそれは正しいと言えることなんだろうか。

ubuntuでWebサーバーを立ち上げる 2017年11月5日

ちょっと必要に迫られてWebサーバーを立ち上げることにしました。
私の記憶では

ubuntu LAMP設定、基本サーバー、Sambaサーバーあたりをインストールすればよかったはず。

とりあえずちょっと古いネットブックを準備してこいつに入れます。

今回はまず、LAMPサーバーを構築するところまで。
細かい設定は次回にします。内容は

  1. インストールCDの作成
  2. サーバーのイントール
  3. ※インストール内でサーバーの設定

までです。

Ubuntuは非常に素晴らしくてOSのインストール内でLAMPサーバー機能までインストール出来てしまいます。LAMPつまり
Linux
Apache
MySQL
PHP
のセットです。
ここまでインストールできればWebサーバーはほぼ完成です。
その後はWordPress入れたり、XOOPSいれたりといった作業になります。

長くなってしまいました。では開始です

  1. インストールCDを作成する。
    今回はネットインストールを想定しUbuntuのインストール用CDのは最小限のものを作成します。ちなみに59MBしかありません。

    1. UbuntuサイトからインストールCDのイメージをダウンロードする
      それぞれ下記のディレクトリ(フォルダ)内のmini.isoというファイルをダウンロードする。

      1. 64bitOSは
        http://archive.ubuntu.com/ubuntu/dists/xenial-updates/main/installer-amd64/current/images/netboot/
      2. 32bitOSは
        http://archive.ubuntu.com/ubuntu/dists/xenial-updates/main/installer-i386/current/images/netboot/
    2. mini.isoファイルをCDに焼く。
      色々方法ありますがWindows7等ではダウンロードしたmini.isoファイルをエクスプローラーで右クリックして「ディスクイメージの書き込み」をクリックすれば簡単に作れます。
    3. 出来たCDでインストールを開始します。まずはCDを入れて電源を立ち上げます。CDから立ち上がらない時はBIOSのBootをチェックしましょう。
    4. はじめにメニューが表示されます。
      そこで「INSTALL」を選択して「Enter」キーをおします。
    5. 次に言語を聞かれます。
      日本人なので日本語にします。

      日本語選択

    6. 「はい」を選択して次に進みます
       
    7. 場所を選択します。

    8. キーボードを選択します
    9. このあたりはほぼ変更せずに選んである項目で設定します。

    10. ネットワークの検出(この辺りも自動でしてくれます。)
      ※Ubuntuはかなり広範囲にドライバを見つけてくれます。ゆえにこのUbuntuのインストーラーでネットワークが自動で見つからない場合はドライバ見つけるのがかなり大変なので諦めた方が良いかもしれません。
    11. 「ホスト」つまりコンピュータの名前を入力します。
    12. Ubuntuのダウンロードです。近いほうがいいでしょう。
    13. 確定します。
    14. プロキシも特に必要ないと思います。空白で「続ける」を選択します。
    15. しばらく追加コンポーネントのインストールが続きます。
    16. ユーザーを作成します。

    17. ホームディレクトリの暗号化
      必要であれば暗号化します。
    18. 時刻設定
    19. ハードウェアの検出
    20. ディスクのパテーション
      ここは注意が必要です。
      今あるディスク全て使うのであれば「ディスク全体を使う」を選びます。
      但しこの設定はハードディスク内の情報全てが消えます。Windowsを残しておきた場合などは他の選択が必要です。自分でパテーションを設定するのであれば「手動」を使います。

      確認画面

    21. システムのインストールに入ります
    22. アップデートの設定です。
      私は自分のタイミングでアップデートをしたいのでここは「自動でアップデートしない」を選びました。
    23. その他必要なファイルがダウンロードされ、勝手にインストールされていきます。
    24. 次に必要なパッケージを選択します。
      ※ここは重要です。
      今回の目的はLAMPサーバーです。したがって
      LAMPサーバーは必須。
      その他あまりソフトを入れたくないのですが、私は次のパッケージを入れました。


      1. Samba関連
        Windowsとファイルのやりとりする場合に使います。
      2. TomcatJavaサーバー
        JSPを使う可能性があるので今回入れました。
      3. Ubuntu Desktop
        端末からユーザーアカウントを作成したりできるのですが、面倒な時もあるのでGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を入れておきます。色々入れれば入れるほど重くなりますし、セキュリティも下がります。本稼働時は端末でコントロールするだけがいいでしょう。
      4. OpenSSH Server
        SSHサーバーです。WindowsからもTeraTermなどで接続できるのでサーバーをインストールしておきました。
      5. BasicUbuntuServer
        そのほか最小限のサーバーを入れておきます。
    25. パッケージの選択ができたら「続ける」を選択して進みます。
      ここからはちょっと時間がかかります。
    26. 途中下記の画面がでます。
      Lampサーバー上のMySQLです。管理者パスワードを入れる必要があるので適当なパスワードを入れておきましょう。

      2度めのパスワードを聞かれるので入力します。

    27. ブートローダーのインストール
      OS一つだけなら不要なのですが将来、もしくは現在OSが入っているのであれば起動するOSを選択することが、このブートローダでできます。入れておいて損はないので入れておきましょう。

    28. 時間設定
      UTC設定ですが特に必要ないとおもます。
      「いいえ」を選択します。
    29. 最後に完了のメッセージが現れたら終了です。

      お疲れ様でした

Chrome版 EvernoteのWebクリッパーが表示されない?

WindowsでChromeを使っていますが、久々にEvernoteを使おうとおもったが、クリッパーのアイコンがない。 確か以前インストールしたはずなんだけどな・・・

(解決)
機能が無効化されていました。

下記の手順で復活しました。

  1. 画面右上にある点をクリック
  2. 開いたプルダウンメニューから「その多のツール」をクリック
  3. 開いたプルダウンメニューから「拡張機能」をクリック

すると拡張画面が開くのでその中の「Evernote Web Clipper」の「有効にする」にチェックを入れれば完了。

 

 

DropBox エクスプローラー(ファイルブラウザ)でフォルダ(またはファイル)が消去できない

Windows7にてエクスプローラーでとあるフォルダを何回削除しても復活してしまう厄介な症状が発生。

下記の手順で対策して、フォルダを消すことができた。

  1. ブラウザからドロップボックスのサイトにアクセス。その後ログインする。
  2. 「https://www.dropbox.com/home」に移り開いた画面で問題のフォルダを探す。
  3. 問題のフォルダの右側の「・・・」をクリック。
  4. プルメニュー内の「削除」をクリックすると、当該ファイルが削除される。

 

 

 

メディアリーダーが壊れたっぽい

長年愛用していたメディアリーダーがMicroSDカードのアダプタを使った転送をすると途中で転送がとまってしまう。

壊れたか・・・MicroSDカード、もしくはアダプタが壊れたか・・・

ちと厄介。

新しいの買おうかどうか検討中。
でも新しいのかってもMicroSDカードかアダプタが壊れていたら無駄な買い物。

普通のSDカードはきちんと読み取ってくれるのだが、この組み合わせは読み取らない。
Androidで使っていたMicroSDカードだからWindowsとの相性悪いのかな。

ちなみにアダプタを他社メーカーのものに変更しても読み取らない。

そだ。UbuntuいれたノートにSDカードのアダプタがあったからそれを試してみよう。

結果。オーライ♪
無事に読み込むことができました。

時間ないので検証できないけどやっぱUbuntuいいな。
仕事でWindowsを使わなければならないので使っているけどUbuntuやっぱ使いやすいなぁ